箱根駅伝のオーダーを本気で考えてみた②

箱根駅伝

この5チームは超注目チームですよ!

〇明治大

小袖④-加藤②-手嶋③-児玉①-鈴木③

前田④-富田②-櫛田②-小澤②-大保④

今季絶好調の明治大、遂に優勝候補に挙げられるところまで来ました。エントリーされた16人中14人が10000m28分台、残る2人は経験豊富な前田と加藤と、とても豪華な布陣となっています。

本気で優勝を目指すオーダーを考えました。

とは言うものの、自分たちの力をいちばんのびのび発揮できるオーダーを考えれば、それが最も優勝に近づくと思います。

結果的に前回とほぼ同じようなオーダーとなりました。

涼しくて、ハイスピードの展開を得意とする小袖は1区、タフな加藤が2区、スピードに長けていて、ガンガン前を追える手嶋が3区、彼が作ったいい流れでのびのび走りたい児玉を4区。

ここまでは先頭付近で戦えるのではないでしょうか。

そして何といっても山が強力。

5区鈴木、6区前田ともにこの区間で好走経験があります。

今年はさらに攻め込めます。

7区以降も強いです。

5000mチーム最速の富田はスピードを活かせる7区に起用して、櫛田は8区に使うには贅沢すぎるくらいいい選手です。9区は大器の小澤を置いて、アンカーは全日本でも熱い走りを見せた大保に託しましょう。

復路は全て区間3位以内で走れるポテンシャルを秘めています。

ライバルたちに取りこぼしがあれば、容赦なく噛みつけるチームになりました。

本当に楽しみな箱根路を迎えます。

○早稲田大

井川②-太田③-中谷③-鈴木②-吉田④

諸富①-辻①-山口③-小指②-宍倉④

中谷と太田が学生最強クラスの証である10000m27分台に突入、脇を固める選手たちもトラックで好タイムを連発しており、虎視眈々と優勝を狙っています。

ひとつ気になるのがエース格の一人である千明が本調子には遠い状態であるということ。他の選手が好調なため、ここは一旦外して予想しています。

スピード型の井川、中谷、辻、小指をそれぞれ1区3区7区9区に、タフなコースに強い太田、鈴木、山口を2区4区8区と適材適所に配置できることにチームの充実を感じます。

谷間の世代とも呼ばれた4年生の吉田、宍倉が往路復路それぞれのアンカーを務めるのもいいですね。

序盤から常に上位争いに顔を出し続け、山口小指で優位を取っていくのが勝ちパターンでしょうか。

間違っても大崩れすることのない好チームです。

○駒澤大

鈴木①-小林④-田澤②-加藤④-伊東④

白鳥①-青柿①-石川③-酒井②-山野②

激戦の全日本を制し、久しぶりの三大駅伝優勝を果たした駒澤大。1年生がチームに火をつけまくっており、10000mの上位10名平均も全大学中最速。箱根も堂々の優勝候補として臨みます。

戦略は“田澤で勝つ”です。

ゴールデンエースの田澤は敢えて3区に置いて、昨年のヴィンセント(東京国際大)のように爆発的に稼いでもらいましょう。

そうすると2区は小林しかいないでしょう。彼は相手が格上でも食らいつける選手です。

1区と4区は田澤小林に続いて信頼を得ている鈴木と加藤。順番は逆でもいいですが、経験のある加藤がタフな4区を担う方がいいでしょう。

復路は石川以外、箱根初登場の選手が並ぶことになりますが、今季ガンガン走っている下級生の勢いに賭けましょう。どこからでもニューヒーローが誕生する可能性があるラインナップです。

爆発力は全大学中ナンバーワンの駒澤大。その戦いに注目してください!

○創価大

福田④-ムルワ②-葛西②-原富④-三上③

鈴木渓④-濱野②-嶋津③-石津④-永井③

今季は出雲が中止、全日本も選考漏れということで、箱根駅伝が最初で最後の三大駅伝となる今季の創価大。その力が発揮される場が少ないのが残念なところですが、着実にレベルアップしています。

1区でエース米満が区間賞を獲得して勢いに乗った前回の再現を目指して、今回も1区にエースの福田を持っていきます。普通に走れば区間賞候補です。

2区のムルワも前回のムイルを超える爆発力を持った選手です。上手くいけば、ここまで抜け出して先頭で中継することも夢ではありません。

中堅チームはあまり高い位置で襷を受けると、他校の追撃に飲まれて力を発揮できないケースもありますが、高校時代から全国トップクラスで戦ってきた葛西と前回上位の流れを巧みに乗りこなした原富を3区4区に並べて、ここを凌ぎます。

そして密かに楽しみなのが5区です。

三上は仮想箱根5区と呼ばれる激坂王を制覇。適性、走力共に高いレベルで備えている秘密兵器です。

復路にも前回の逆転シードの立役者となった嶋津や石津を残しており、一度シード圏内に入ってしまえば、かなり堅い布陣です。

今季の創価大は静かに刃を研いできた印象。上位校にとっても侮れないチームです。

○東洋大

西山④-松山①-佐藤①-前田②-宮下

児玉②-吉川④-腰塚③-大澤④-蝦夷森③

全日本では下級生中心に組んだ前半戦で大健闘。7区西山の失速で優勝戦線からはこぼれてしまいましたが、苦戦が予想された前評判を覆す底力を感じさせました。

箱根でも、若手主体のチームゆえ優勝は難しいと思われますが、それでも上位には踏みとどまりそうなメンバーです。

1区は西山。3年次から駅伝では区間2桁順位が続いていますが、今季は10000mで28分3秒の好タイムを出すなど、一時期の不振からは抜け出している模様。じっくり調整できる箱根では本来の姿を見せてくれるはずです。

そうなったときにはやはり得意の1区、確実に上位で繋ぐ役割を担ってほしいところ。

そして2区3区には松山と佐藤のルーキーコンビを並べます。彼ら2人、なぜか設楽兄弟の1年次を思い出させるのですよね。将来の大エースコンビになってほしいとの期待を込めて、大事な2区間を任せたいです。

4区は前田。元々スタミナ型の選手でこの区間への適性はばっちり。そして今季はスピードもつけてきたのでさらにいいですね。区間5位以内を目指してほしいです。

5区宮下は特に言うことはないですね。

区間賞は最低限のこととして、どこまで順位を上げられるかに注目です。

復路のポイントは故障明けの吉川と蝦夷森が走れるかどうか、です。

彼らが本調子で本番に臨めるのであれば、復路優勝も狙える強力布陣となります。

そうなると、総合3位が現実的な目標として見えてきます。

今回はどちらかと言うと未来への布石となる東洋大の箱根路。どれだけ収穫を作れるか注目です。

ブログの更新通知はこちらから!
https://line.me/ti/g2/fmB4PQ5jWO826EBPm7KIHA?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

駅伝について自由に語れるスペースはこちら!
https://line.me/ti/g2/shr7qu3FCUTPNSgN2H76KA?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

オンラインサロン(100倍楽しく箱根駅伝を見る集団)の参加もお待ちしております!

気になる方はラインにてメッセージください!

各種お問い合わせもこちらから!

↓↓

友だち追加

~管理人はこんな人~

・埼玉県在住

・27歳

・自身は走るより泳ぐ派(ギネス記録持ってます!)

~管理人はこんなこともやってます~

・音楽マネージャー 松丸廉

松丸廉/REN MATSUMARU(@ren_matsumaru)さん | Twitter
松丸廉/REN MATSUMARU (@ren_matsumaru)さんの最新ツイート 千葉県野田市出身 22歳シンガーソングライター @R_M_STAFF アクシデンターズEDテーマ作詞作曲 ギター講師 アコパラ2018千葉エリア最優秀賞受賞 YouTube「小さな恋のうた」570万再生突破 身近に寄り添う音楽を。「...

・オンライン自習室「SAKA’s  STUDY ROOM」

HOME | SAKA's STUDY ROOM
友だち追加

管理人の公式ライン「坂 宗樹/soki saka」

友だち追加

こんにちは。箱根駅伝のオーダーを本気で考えるシリーズ!今回は前回大会6~10位のチーム(明治大、早稲田大、駒澤大、創価大、東洋大)のオーダーを本気で考えました。

この5チームは超注目チームですよ!

 

〇明治大

小袖④-加藤②-手嶋③-児玉①-鈴木③

前田④-富田②-櫛田②-小澤②-大保④

 

今季絶好調の明治大、遂に優勝候補に挙げられるところまで来ました。エントリーされた16人中14人が10000m28分台、残る2人は経験豊富な前田と加藤と、とても豪華な布陣となっています。

本気で優勝を目指すオーダーを考えました。

 

とは言うものの、自分たちの力をいちばんのびのび発揮できるオーダーを考えれば、それが最も優勝に近づくと思います。

 

結果的に前回とほぼ同じようなオーダーとなりました。

涼しくて、ハイスピードの展開を得意とする小袖は1区、タフな加藤が2区、スピードに長けていて、ガンガン前を追える手嶋が3区、彼が作ったいい流れでのびのび走りたい児玉を4区。

ここまでは先頭付近で戦えるのではないでしょうか。

 

そして何といっても山が強力。

5区鈴木、6区前田ともにこの区間で好走経験があります。

今年はさらに攻め込めます。

 

7区以降も強いです。

5000mチーム最速の富田はスピードを活かせる7区に起用して、櫛田は8区に使うには贅沢すぎるくらいいい選手です。9区は大器の小澤を置いて、アンカーは全日本でも熱い走りを見せた大保に託しましょう。

 

復路は全て区間3位以内で走れるポテンシャルを秘めています。

ライバルたちに取りこぼしがあれば、容赦なく噛みつけるチームになりました。

本当に楽しみな箱根路を迎えます。

 

○早稲田大

井川②-太田③-中谷③-鈴木②-吉田④

諸富①-辻①-山口③-小指②-宍倉④

 

中谷と太田が学生最強クラスの証である10000m27分台に突入、脇を固める選手たちもトラックで好タイムを連発しており、虎視眈々と優勝を狙っています。

 

ひとつ気になるのがエース格の一人である千明が本調子には遠い状態であるということ。他の選手が好調なため、ここは一旦外して予想しています。

 

スピード型の井川、中谷、辻、小指をそれぞれ1区3区7区9区に、タフなコースに強い太田、鈴木、山口を2区4区8区と適材適所に配置できることにチームの充実を感じます。

 

谷間の世代とも呼ばれた4年生の吉田、宍倉が往路復路それぞれのアンカーを務めるのもいいですね。

 

序盤から常に上位争いに顔を出し続け、山口小指で優位を取っていくのが勝ちパターンでしょうか。

間違っても大崩れすることのない好チームです。

 

○駒澤大

鈴木①-小林④-田澤②-加藤④-伊東④

白鳥①-青柿①-石川③-酒井②-山野②

 

激戦の全日本を制し、久しぶりの三大駅伝優勝を果たした駒澤大。1年生がチームに火をつけまくっており、10000mの上位10名平均も全大学中最速。箱根も堂々の優勝候補として臨みます。

 

戦略は“田澤で勝つ”です。

ゴールデンエースの田澤は敢えて3区に置いて、昨年のヴィンセント(東京国際大)のように爆発的に稼いでもらいましょう。

 

そうすると2区は小林しかいないでしょう。彼は相手が格上でも食らいつける選手です。

1区と4区は田澤小林に続いて信頼を得ている鈴木と加藤。順番は逆でもいいですが、経験のある加藤がタフな4区を担う方がいいでしょう。

 

復路は石川以外、箱根初登場の選手が並ぶことになりますが、今季ガンガン走っている下級生の勢いに賭けましょう。どこからでもニューヒーローが誕生する可能性があるラインナップです。

 

爆発力は全大学中ナンバーワンの駒澤大。その戦いに注目してください!

 

○創価大

福田④-ムルワ②-葛西②-原富④-三上③

吉田①-濱野②-嶋津③-石津④-永井③

 

今季は出雲が中止、全日本も選考漏れということで、箱根駅伝が最初で最後の三大駅伝となる今季の創価大。その力が発揮される場が少ないのが残念なところですが、着実にレベルアップしています。

 

1区でエース米満が区間賞を獲得して勢いに乗った前回の再現を目指して、今回も1区にエースの福田を持っていきます。普通に走れば区間賞候補です。

2区のムルワも前回のムイルを超える爆発力を持った選手です。上手くいけば、ここまで抜け出して先頭で中継することも夢ではありません。

 

中堅チームはあまり高い位置で襷を受けると、他校の追撃に飲まれて力を発揮できないケースもありますが、高校時代から全国トップクラスで戦ってきた葛西と前回上位の流れを巧みに乗りこなした原富を3区4区に並べて、ここを凌ぎます。

 

そして密かに楽しみなのが5区です。

三上は仮想箱根5区と呼ばれる激坂王を制覇。適性、走力共に高いレベルで備えている秘密兵器です。

復路にも前回の逆転シードの立役者となった嶋津や石津を残しており、一度シード圏内に入ってしまえば、かなり堅い布陣です。

 

今季の創価大は静かに刃を研いできた印象。上位校にとっても侮れないチームです。

 

○東洋大

西山④-松山①-佐藤①-前田②-宮下②

児玉②-吉川④-腰塚③-大澤④-蝦夷森③

 

全日本では下級生中心に組んだ前半戦で大健闘。7区西山の失速で優勝戦線からはこぼれてしまいましたが、苦戦が予想された前評判を覆す底力を感じさせました。

 

箱根でも、若手主体のチームゆえ優勝は難しいと思われますが、それでも上位には踏みとどまりそうなメンバーです。

 

1区は西山。3年次から駅伝では区間2桁順位が続いていますが、今季は10000mで28分3秒の好タイムを出すなど、一時期の不振からは抜け出している模様。じっくり調整できる箱根では本来の姿を見せてくれるはずです。

 

そうなったときにはやはり得意の1区、確実に上位で繋ぐ役割を担ってほしいところ。

 

そして2区3区には松山と佐藤のルーキーコンビを並べます。彼ら2人、なぜか設楽兄弟の1年次を思い出させるのですよね。将来の大エースコンビになってほしいとの期待を込めて、大事な2区間を任せたいです。

 

4区は前田。元々スタミナ型の選手でこの区間への適性はばっちり。そして今季はスピードもつけてきたのでさらにいいですね。区間5位以内を目指してほしいです。

 

5区宮下は特に言うことはないですね。

区間賞は最低限のこととして、どこまで順位を上げられるかに注目です。

 

復路のポイントは故障明けの吉川と蝦夷森が走れるかどうか、です。

彼らが本調子で本番に臨めるのであれば、復路優勝も狙える強力布陣となります。

そうなると、総合3位が現実的な目標として見えてきます。

 

今回はどちらかと言うと未来への布石となる東洋大の箱根路。どれだけ収穫を作れるか注目です。

 

ブログの更新通知はこちらから!
https://line.me/ti/g2/fmB4PQ5jWO826EBPm7KIHA?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

 

駅伝について自由に語れるスペースはこちら!
https://line.me/ti/g2/shr7qu3FCUTPNSgN2H76KA?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

 

オンラインサロン(100倍楽しく箱根駅伝を見る集団)の参加もお待ちしております!

【重要】箱根駅伝を100倍楽しみたいあなたへ!
こんにちは!いつも「100倍楽しく箱根駅伝を見る方法」の活動をお楽しみいただきありがとうございます。関東インカレが延...

 

気になる方はラインにてメッセージください!

各種お問い合わせもこちらから!

↓↓

友だち追加

 

~管理人はこんな人~

・埼玉県在住

・27歳

・自身は走るより泳ぐ派(ギネス記録持ってます!)

 

~管理人はこんなこともやってます~

・音楽マネージャー 松丸廉

松丸廉/REN MATSUMARU(@ren_matsumaru)さん | Twitter
松丸廉/REN MATSUMARU (@ren_matsumaru)さんの最新ツイート 千葉県野田市出身 22歳シンガーソングライター @R_M_STAFF アクシデンターズEDテーマ作詞作曲 ギター講師 アコパラ2018千葉エリア最優秀賞受賞 YouTube「小さな恋のうた」570万再生突破 身近に寄り添う音楽を。「...

 

・オンライン自習室「SAKA’s  STUDY ROOM」

HOME | SAKA's STUDY ROOM

友だち追加

 

管理人の公式ライン「坂 宗樹/soki saka」

友だち追加

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました