箱根路を駆けた名選手たち~西山雄介~

OB紹介

こんにちは。月に1度のシリーズ「箱根路を駆けた名選手たち」です。箱根前最後の更新となる今回、紹介する選手は西山 雄介(駒澤大卒)です。

 

西山は高校時代から全国トップクラスで活躍するエリート選手でした。そして、駒澤大の同期には中谷、大塚と西山に匹敵するレベルの選手がいて、強力トリオとして期待されていました。

しかし、大学では期待に応え続けることはやはり難しく…それでも最後に期待に応えた西山の熱き箱根駅伝を振り返ります。

 

〇高校時代

西山の出身高校は三重県の強豪、伊賀白鳳高校。旧校名の上野工業高校時代から中村匠吾や高林祐介など、代々駒澤大のエースを輩出している学校です。

西山も高校時代の実績は全国トップクラスで全国高校駅伝では中谷や服部弾馬といった実力者を抑えて、花の1区で区間賞を獲得する活躍を見せています。

 

〇大学時代

■1年次

西山の同期には都道府県対抗駅伝1区2年連続区間賞の中谷、全国高校駅伝3区4位の大塚と全国駅伝で結果を残したエリートが揃っており、さらに先輩には窪田、村山、中村と強力な選手たち。間違いなく学生駅伝界最強クラスのチームでした。

そして、そんな強いチームの中でも西山は中谷と共に1年次の出雲駅伝からレギュラーを掴みます。

出雲駅伝では5区2位の好走でがっちり首位固め、2区に起用された全日本でも服部勇馬(東洋大)にこそ交わされたものの、流れを上手く繋いだことで優勝に貢献しました。

 

ここまで順調に走り出した学生生活。箱根では7区に起用されることになりました。

 

首位の東洋大を1分17秒差で追う2位で襷を受けた西山。前を走るのは高校時代からのライバル、服部弾馬でした。そしてレースは服部が区間賞の快走でじりじり差を広げていく展開に。

西山も区間3位の好走で食い下がりましたが、優勝争いからは一歩後退する悔しい経験となりました。

 

■2年次

村山謙太、中村匠吾が最終学年を迎えて、実力では頭一つ抜けた形となった駒澤大。出雲は台風の影響で中止となりましたが、西山は全日本では駒澤大の得意区間である6区に起用されました。

そして、襷を受けたのはなんと2位と2分40秒の大差がついた1位。西山も区間2位の好走で繋ぎ、駒澤大は悠々と優勝を果たしました。

 

圧倒的優勝候補として箱根路に臨むことになった駒澤大。西山も再び復路のスピード区間7区に登板します。

全日本と同じように、後続との差を広げる役割を期待されての起用でしょう。

 

しかし、青山学院大に“山の神”神野大地が降臨し、西山に襷が渡ったときには7分半以上の大差をつけられていました。

青山学院大は7区でも小椋が区間賞を獲得。西山も区間2位の好走でカバーしているのにどんどん差を広げられていくという、前年と同じような経験をすることとなりました。

 

■3年次

村山と中村の卒業により、いよいよ主要区間で戦うことが求められた西山。それでもチーム内に中谷、工藤、大塚と柱となる選手がいたため、出雲では切り札として5区に起用されます。

再び青山学院大とのマッチレースとなった出雲。西山は青山学院大と1秒差の2位で襷を受けます。相手は三大駅伝初登場の山村だったこともあり、ここで差を広げたいところでしたが、相手の粘りに遭い、ほぼ同時にアンカーの大塚に託すことに。

アンカー勝負では大塚が一色(青山学院大)のパワーに屈し、優勝を逃すことになった駒澤大。

西山も秒差で三大駅伝初の区間賞を獲得しましたが、期待された役割を果たしきれたとは言えませんでした。

 

そして流れを作る役割を期待された全日本では3区10位とまさかの失速でチームを優勝争いから後退させてしまうことに。

箱根ではシーズン当初に期待された往路の主要区間ではなく、再び復路の7区に起用せざるを得ませんでした。

 

■4年次

主軸として期待されながらも、主要区間を任されてこなかったここまでの西山でしたが、4年生になって盟友の中谷が故障。彼の穴を埋めるべく、ついに西山がエース区間に戦いの場を移すこととなりました。

 

出雲では全国高校駅伝ぶりの1区に登場。区間順位こそ9位でしたが、先頭とは16秒差に収めてしっかり流れをつくります。

そして、全日本ではスピードエース区間の2区に起用。出入りの激しい展開の中で襷を受けた3位をキープ。今までとは一味違う姿を見せました。

 

そして迎えた最後の箱根駅伝。

2区に工藤、5区に大塚と頼りになる柱があるため、1区がとにかく重要となった駒澤大、文句なしで西山がその任務を担うことになりました。

 

レースはスローペースから急速にペースアップするタフな展開でしたが、首位と8秒差の6位と上々の位置で繋ぎ、無事に2区工藤を先頭争いに送り込むことに。

 

3年次までに見せていた少し頼りない姿はもうどこにもありませんでした。

 

〇社会人時代

駒澤大卒業後はトヨタ自動車に進んだ西山。何度もニューイヤー駅伝優勝を果たしている強豪チームの中でなかなか出番がありませんでしたが、昨季びっくりするくらいの覚醒を果たしました。

ニューイヤー駅伝では序盤のスピードエース区間である3区に初登場すると、並みいるエース達を次々と抜き去り、11人抜きの区間新と衝撃的なデビューを飾りました。

この活躍で一気に要注目の存在となった西山、今後の活躍が楽しみです。

 

〇最後に

西山は高校時代から世代トップクラスの選手として活躍していましたが、大学ではなかなか突き抜けた活躍をすることができませんでした。それでも4年次には主要区間を任され、エースが故障した穴を見事に埋めてくれました。

そして実業団に進んでから再び日本のトップへと戻ってきました。

このしぶとさこそが西山の強さです。

 

今季の駒澤大は鈴木や白鳥など1年生が非常に強く、10000mの持ちタイムでもチーム内2位から6位は全て1年生が占めています。まさにスーパールーキーズです。

彼らはすぐに大学駅伝で結果を出せないことだってあるかもしれません。大きすぎる期待に応えられないこともあるかもしれません。

でも、それでも大丈夫です。

 

本当に強い選手は、すぐに結果が出なくても、必ず最後には期待に応えてくれます。だから、その大器が育つまでじっくり待てばいい。

西山がそれを証明してくれたのです。

 

 

ブログの更新通知はこちらから!
https://line.me/ti/g2/fmB4PQ5jWO826EBPm7KIHA?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

 

駅伝について自由に語れるスペースはこちら!
https://line.me/ti/g2/shr7qu3FCUTPNSgN2H76KA?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

 

オンラインサロン(100倍楽しく箱根駅伝を見る集団)の参加もお待ちしております!

【重要】箱根駅伝を100倍楽しみたいあなたへ!
こんにちは!いつも「100倍楽しく箱根駅伝を見る方法」の活動をお楽しみいただきありがとうございます。関東インカレが延...

 

気になる方はラインにてメッセージください!

各種お問い合わせもこちらから!

↓↓

友だち追加

 

~管理人はこんな人~

・埼玉県在住

・27歳

・自身は走るより泳ぐ派(ギネス記録持ってます!)

 

~管理人はこんなこともやってます~

・音楽マネージャー 松丸廉

松丸廉/REN MATSUMARU(@ren_matsumaru)さん | Twitter
松丸廉/REN MATSUMARU (@ren_matsumaru)さんの最新ツイート 千葉県野田市出身 22歳シンガーソングライター @R_M_STAFF アクシデンターズEDテーマ作詞作曲 ギター講師 アコパラ2018千葉エリア最優秀賞受賞 YouTube「小さな恋のうた」570万再生突破 身近に寄り添う音楽を。「...

 

・オンライン自習室「SAKA’s  STUDY ROOM」

HOME | SAKA's STUDY ROOM

友だち追加

 

管理人の公式ライン「坂 宗樹/soki saka」

友だち追加

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました