箱根路を駆けた名選手たち~松枝博輝~

OB紹介

こんにちは。月に1度のシリーズ「箱根路を駆けた名選手たち」です。今回紹介する選手は松枝 博輝(順天堂大卒)です。

 

松枝は東京オリンピック5000m日本代表に選ばれた名選手です。しかし、順天堂大時代には4度箱根駅伝を走っているものの、一度も区間一桁順位で走ったことはありません。

箱根駅伝の実績だけで言えば、大迫傑や相澤晃、服部勇馬といった他の日本代表の選手たちと比較すると大きく劣ります。

でも、当時から松枝には他の選手には無い武器がありました。「この選手は将来伸びるだろうな」と思わせるポテンシャルがありました。

 

そんな松枝が、スーパースターになる前の熱き箱根駅伝を振り返ります。

 

〇高校時代

松枝は少年時代に家族と一緒に箱根駅伝を観戦したとき、小田原中継所で目にした「初代山の神」順天堂大の今井正人が颯爽と山上りに挑む姿に憧れを抱いたそうです。「自分も今井選手と同じ順天堂大に入って、箱根駅伝を走る」そう心に決めて、走り出した松枝少年は地元神奈川県の相洋高校に進学。

高校時代には800mでインターハイに出場するなど、スピードランナーとして鳴らし、目標通り順天堂大への進学を決めることになったのです。

 

〇大学時代

■1年次

松枝が入学した当時の順天堂大は3大会ぶりに出場した箱根でシード権を獲得したばかりと、憧れの今井時代と比べるとまだまだチーム力が安定していませんでした。その中で松枝は1年次からレギュラーを獲得。

デビュー戦となった出雲では5区10位と上々の走りを見せると、箱根本戦ではスピード区間の3区に起用されました。

ただ、このときはものすごい強風が吹き荒れたこともあって、区間16位と持ち味を発揮することができませんでした。

 

■2年次

気を取り直して臨んだ2年次、関東インカレでは1500m準優勝といきなり好成績でチームを勢いづけます。全日本予選では4組27位と苦しみながら何とか踏ん張って本戦出場に貢献すると、駅伝シーズンでは出雲1区(11位)、全日本2区(8位)と前半区間で奮闘します。

箱根でも前半区間への出場が期待されていましたが、コンディションが合わなかったのか復路の8区に回ることに。この時の順天堂大は山上り山下りともに区間21位と苦戦したこともあって、松枝に襷が渡ったのは何と19位。その中でも区間11位で走ったのはまだ健闘した方とも言えるでしょう。

とはいえ、チームもシード権を落とし、まだまだ不完全燃焼で終わった2年目のシーズンでした。

 

■3年次

3年目の松枝、出雲は台風の影響で中止、全日本も予選は4組19位で走りながら本戦は欠場するなど、表舞台になかなか現れませんでしたが、密かに山上りの準備をしていたようです。

遂に念願の箱根5区に挑戦することができました。

しかし、スピードランナーの松枝にとって、山上りの5区はやはり険しかったようです。区間16位という結果は不本意だったでしょう。チームも2年連続でシード権を落としています。それでも、最後に猛スパートで芦ノ湖のゴールに飛び込んできたところに、どんな展開でも最後まで全力を尽くす松枝らしさが現れていました。この気迫が4年目の躍進に繋がってくるのです。

 

■4年次

4年生になって、松枝は順天堂大の主将に就任しました。期待されるのは2年連続で箱根シードを落としているチームの立て直し。松枝は関東インカレ5000m3位、10000m5位、全日本予選では4組3位と怒涛の勢いでチームを鼓舞していきます。

さらにスーパールーキーの塩尻も加わったことで松枝はひとつの野望を口にし始めます。

 

‐箱根駅伝で優勝したい‐

 

最初、周囲は彼の言葉を本気と信じられていなかったそうです。何せ、予選会を勝ち抜かないと本戦出場もできないところからのスタートなのです。

 

でも、あまりに松枝が情熱的に語り続け、本気で競技に取り組んでいる姿勢を見せ続けたことで周囲も変わっていきました。

 

当時副将を務めていた田中はこのように語っています。

「副将として、松枝を止めなきゃいけない立場なのに、いつの間にか一緒に夢を追いかけてしまっている。」

 

最後の箱根駅伝。松枝はそのスピードを最も活かせる3区に起用されました。トラックシーズンの躍進や箱根予選でも個人18位と距離対応ができていたこともあって、区間賞争いにも加わるのではないかと期待されていました。

でも、現実はそんなに簡単ではありませんでした。

 

結果は2つ順位を落とす区間14位。

 

松枝ほどの選手の最後の箱根駅伝の結果としてはやや寂しいものがあります。

 

でも、松枝が1年間通して燃やし続けた闘志は確実にチームに伝染していました。

松枝から襷を受けた4区栃木が4人抜きの快走で勢いづけると、その後も全選手が安定して走り抜き、最後は総合6位でフィニッシュすることができたのです。

 

順天堂大はそれまでとは見違えるほど、戦う集団になっていました。

 

〇社会人時代

順天堂大卒業後は強豪の富士通に入社。ここで松枝のポテンシャルが遂に開花します。ニューイヤー駅伝では2018年に3区3位の好走を見せると、今年は1区区間賞の快進撃でチームの優勝に貢献しています。

また、トラックでは5000mで日本選手権2回優勝。今年も準優勝を果たし、世界ランキングで圏内に入ったことで、東京オリンピック日本代表に選出されました。

 

〇最後に                                                                     

私は松枝の凄いところは以下の2つだと思っています。

・どんなレースでも諦めずに最後まで全力を出し尽くす

・夢を叶えるために努力し続けられる情熱

 

この2つのことに関して松枝は順天堂大時代から卓越していたように思います。この情熱こそが、順天堂大を再び強豪校に導き、松枝自身の富士通での大躍進に繋がっているのではないでしょうか。

 

彼の走りは見ている者を熱くさせます。

オリンピックでは一体どんな走りを見せてくれるのでしょうか。

今から楽しみで仕方ありません。

 

ブログの更新通知はこちらから!
https://line.me/ti/g2/fmB4PQ5jWO826EBPm7KIHA?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

 

駅伝について自由に語れるスペースはこちら!
https://line.me/ti/g2/shr7qu3FCUTPNSgN2H76KA?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

 

オンラインサロン(100倍楽しく箱根駅伝を見る集団)の参加もお待ちしております!

【重要】箱根駅伝を100倍楽しみたいあなたへ! | 100倍楽しく箱根駅伝を見る方法 (100hakone.net)

 

気になる方はラインにてメッセージください!

各種お問い合わせもこちらから!

↓↓

友だち追加

 

~管理人はこんな人~

・埼玉県在住

・28歳

・自身は走るより泳ぐ派(ギネス記録持ってます!)

・箱根駅伝をもっともっとみんなで楽しみたい!

 

 

~管理人はこんなこともやってます~!!

・オンライン自習室「SAKA’s  STUDY ROOM」

HOME | SAKA’s STUDY ROOM (wixsite.com)

友だち追加

・就活に不安がある人のための相談所

友だち追加

・オーダーメイドスーツbansir

友だち追加

・音楽マネージャー 松丸廉

松丸廉/REN MATSUMARU(@ren_matsumaru)さん | Twitter
松丸廉/REN MATSUMARU (@ren_matsumaru)さんの最新ツイート 千葉県野田市出身 22歳シンガーソングライター @R_M_STAFF アクシデンターズEDテーマ作詞作曲 ギター講師 アコパラ2018千葉エリア最優秀賞受賞 YouTube「小さな恋のうた」570万再生突破 身近に寄り添う音楽を。「...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました